ブログ公論

『ブラスト公論』クルーがいろいろ書いたり書かなかったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラスト公論お試し版

ものすごーく今さらなんですが、「ブラスト公論」。
風の噂で興味を持ってくれた人がいたとして、
でも肝心の中身がよくわかんないですよね?

そんなあなたに!
立ち読み版を作ってみたよ。

お送りする回は、単行本のタイトルに一瞬決まりかけた
(そしてあまりにわかりにくいため却下された)
「スピルバーグの映画に出たなんて凄いねぇ……の巻」
(初出:2002年11月号)です。

───────────────────────────────────────

高橋 恋愛感情も無いのに短時間で距離を詰めてくる女性に最近思うところがあってさ。 古川 いきなりスゴイこと言うね。
宇多丸 意味がわからない。
高橋 友達にそういう女性と遭遇した男がいてさ。まだ知り合って間もないのに、いきなり敷居が低いというか……本来であれば時間をかけて切り崩していくような壁を瞬く間に乗り越えたと錯覚させるような態度をとってくる人がいたんだって。ある種無防備なヴァイブスで近づいてくるコというか……近寄り難いとかそういう感じではなく、屈託の無い感じ……勘違いを生み易いタイプというかさ。
郷原 ああ、なんとなくわかりますよ。
高橋 そういう女性の心理メカニズムはどうなってるんだっていうか……そういうことを平気でやるのはやめなさい!っていうか。
宇多丸 つまり、オマエ誤解するだろ、と? 
高橋 うん。
古川 そういう女性が打算でやってるんならまだわかるんだけどね……金品が目当てとか。でもそこに打算も見られないと。
高橋 そうみたいよ。
宇多丸 それはですね……二種類考えられると思いますよ。天性でそうなのか、あるいは「男友達がいる私」っていう山口智子イズムに毒された人なのか。「いまはカレシとかより友達と飲んでるほうのが楽しいしぃ」っていう……まぁ、それもひとつのファッショナブルな生き方ですよ。
郷原 そういう人はきっと方々でコクられたりして、勘違いを生んでるのはわかってると思うんですけどね。
宇多丸 なのに「好きです!」とか言おうものなら「えっ、私そんな気じゃ全然……」みたいな。
高橋 距離はソッコーで詰めてくるんだけど、こっちが接近しようとするものならさっと遠ざかっていく感じね。
古川 ヒット&アウェイだ。
宇多丸 それは「距離を縮めても平静を保ってるなら“華麗なる男友達戦隊”の一員に加えてあげてもいいわ」ってことなんですよ。
郷原 悪いことをしてるって意識は希薄だったりするんでしょうね。
宇多丸 それだけに悪質、みたいな。
郷原 悪く言っちゃえばそういうことですよ。
高橋 「いま言い寄られてる人がいるの」とか言われたりした日にはねぇ……。
前原 それはどう取ればいいのかな? 
古川 ていうことを考え出したら、それはもう術中なんですよ。
高橋 そこを汲み取っていくと大変なことになるわけだね。
宇多丸 でもね、多少なりとも好意を持っている異性と、しかもお互いがフリーだったりして、2人で飲みに誘われたりしたら……そこにある可能性を読み取らないのは難しいでしょ、普通は! 例えば仕事関係とかさ、関係性が固まってるところで飲みに行ったりしてもそんなに問題にはならないだろうけど、関係性が固まってないところにいきなりそれをやったら、可能性は排除できないどころか、それこそ50%の可能性があるわけじゃん。そこでその可能性にかけちゃう人が出たからって……それは誰も責められないだろ。
古川 責められないんだけど……でもなんか……。
前原 まぁ、ちょっとお茶目って感じ? 
宇多丸 誤爆を招くような……片方に恋愛感情を募らさせて、それを断るっていうのはやはり相手を不必要に傷付けてるわけだから、ホントはそんなの避けた方がいいでしょ。そういう可能性があるのは大人なんだからわかるはずだし、なのに最初からその気がないとか言い張るのは、俺はそれはやっぱ、悪質と言いたくなるなぁ。
古川 ちょっと待って……逆に言うと、そういうコは恋愛感情とは無縁の男性と個別にメシを食う権利がないってこと? 自重しろってこと? 
宇多丸 うーん……いや、関係性が定まってない段階で不用意に親密度を高めるのは危険だって言ってるわけ。自分に置き換えてみたって、誤解されちゃ困るような相手をわざわざ2人きりで飲みに誘いますか? 人の気持ちはね……危険ですよ! そんな簡単にねぇ……取り扱い注意なんですよ! みんな迂闊に行動しすぎだよ!
古川 うぉー!
宇多丸 要は気遣いの問題なんですよ。私はそういう気を使いたくないっていうのもわかるし、その権利を否定してるわけじゃないけど……でも、相手がいる話だからさ。その人を無意味に傷付けたくないのであれば、ってことですよ。高校ぐらいでその悲喜劇をやるのはまだいいんだよ。でも20歳とか越えてからになると、それに付随して被害者の年齢も上がるわけじゃないですか。いい歳こいた男がそんなことで振り回されるっていうこと自体がもうね……やめろよ! 残酷だよ!っていう……。
郷原 絶叫……。
宇多丸 誰が山口智子を責められようかってことですよ。
高橋 凄いなそれ。
前原 俺はむしろそういう付き合いは普通だと思うけどな。
高橋 「一緒に遊びに行こうって言ったじゃねぇかよ!」って大暴れしたくせに。
前原 …………。
宇多丸 前原さんがそういうの絡みで一番事件を起こしそうですよ。
前原 だってアレは行こうって言ったのに行かないからだよ!
高橋 だからずっとそういう話をしてるんだってば。
古川 まあ、得てしてそういう話だと男のほうが滑稽に見えがちですよね、なぜか。
宇多丸 そう! そうなんだよな……ちっきしょう……オマエの物語では常に俺は……俺は……布施博かと!
高橋 えっ? 
古川 全然分かんない。
宇多丸 いい人役? オマエのドラマの中では俺はいい男友達……オマエが苦しんでるときにアドヴァイスする役で……。
古川 ムードメイカーね。
宇多丸 俺にだって……俺にだって……。
前原 チンポはあるんだぞ、って? 
宇多丸 そうそうそうそうそう。だって、誤解しようと思えばどんな相手だって誤解できるからさ。それこそポルノグラフィック・アイで見ればすべての女が欲求不満に見えるようにさ。
古川 性的なメッセージを俺に放ってる!っていうね。
宇多丸 こっちの精神状態によっては勘違いする余地なんていくらでもあるんだから。
前原 もちろん。
宇多丸 ヒョヒュウで。
高橋 ヒョヒュウで。
前原 俺はことごとく勘違いしてきてるから。
宇多丸 ね? だいたいですよ、普通に誘ったりしたら断られる可能性もあるし、誘って拒絶されたらもうあとがないって思うでしょ? こっちは。
古川 そして、それがある種の重さにもなってしまうという……。
宇多丸 そうそう。その重さを感じさせずにそれができたら勝者になれるわけですよ。……ていうかさ、一見誘ってる方が下手に出てるように見えるけど、断られる可能性を計算に入れてない時点で、実は誘ってるほうが凄く高いところから見てる感じがするんだよね。
高橋 俺らが誘ったら全然断られる可能性あるもんね。
宇多丸 少なくともそれは怖いじゃない? その怖さと葛藤しながら電話の前で何度も逡巡して、ようやくOKもらったときの喜び……っていうのがあるわけじゃないですか。
古川 それやってるとモテないってことか? 
宇多丸 いや、ニワトリが先かタマゴが先かって話で、モテない人はそんな軽やかにいけないからモテるシチュエーションを作ることができないし、モテる人は高いパラメーターを備えた闘いだから最初から優位にコトを進めてるわけですよ。
古川 しかもそれを自然に、自分が勝者であることすら気付かせずに……。
高橋 実際もう、マシーンか奇跡かってコもいるからね。
古川 マシーンか奇跡……。
宇多丸 オマエ自分の映画に俺を出演させようとしてる?ってことじゃん。「まさか私の映画に出たくないとは言わせないわよ、たとえ男友達の役でもね」みたいな感じだよ。
古川 巨匠だね。
宇多丸 そう、巨匠!
古川 巨匠イズムだ。


(巨匠イズムとはなにか? 巨匠の気安いオファーが生み出す悲喜劇とは? 続きは単行本で!
スポンサーサイト

トラックバック

http://kouron.blog48.fc2.com/tb.php/31-44ecede3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

公論クルー

Author:公論クルー
宇多丸
「武道館アーティスト」「ギャラクシー賞受賞ラジオパーソナリティ」「早大卒」

前原猛
「フォトグラファー」「表参道のギャラリーディレクター」「名将」

高橋芳朗
「独禁法に引っかかるほどの売れっ子音楽ジャーナリスト」「セレブとの会見多数(フックアップの可能性大)」「高卒」

古川 耕
「放送作家」「小説家」「音楽プロデューサー」

郷原紀幸
「学習塾経営」「元ファッションブランド・ディレクター」「強豪草野球チームの首位打者」

twodawn@wing.ocn.ne.jp

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。