ブログ公論

『ブラスト公論』クルーがいろいろ書いたり書かなかったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

校正祭り締め切りのお知らせ

一個前のエントリーで復活予告した「みんなの校正祭り」。

突然ですが、締め切りを発表させて頂きます……あと12時間後!
詳しく言うと、3月25日の正午まで。


というのもですね……なんと早くも第二版の増刷が決定したからなんですよーー!!!

めでたい、しかし入稿までの時間が全然ないのが切ない。

そんなアンビバレンツな気持ちに苛まれる夜中なのでございます。

なにか間違いを見つけたら、優しくそっと twodawn@gmail.com までメールお願いします!


ブラスト公論 誰もが豪邸に住みたがってるわけじゃない[増補新装版]ブラスト公論 誰もが豪邸に住みたがってるわけじゃない[増補新装版]
(2010/03/19)
宇多丸

商品詳細を見る


(古川)
スポンサーサイト

いろいろなものが混ざっててなんだかよくわからない


賢明なる公論単行本読者なら、帯にナイスコメントを寄せてくれた
細田守監督が『時をかける少女』で日本アカデミー賞アニメーション部門を
ゲットしたこと、とっくにご存知でしょう。
(ちなみに東京国際アニメフェアでは「原作賞」なる奇異な賞も受賞……
 『ゲド』の原作者、アシュラ・K・ル=グインの立場は!?)

で、その細田監督が、今週の宇多さんのラジオにゲスト出演します。
初の公開生会合!

で、その予告がライムスター・ブログにてアップされています。

確かに宇多丸氏に「『デジモン』ヤベぇ! 細田監督凄いっすよ!」
と薦めたのはあたくしですが、
ではあたくしがいつ細田監督の仕事を知ったかというと……
実は『るろうに剣心』というアニメなんですねぇ。


あれは98年ぐらいか……

当時『るろうに剣心』というTVアニメのLD-BOXの解説書の仕事をしていて、
絵コンテをパラパラ眺めていたら、
ひとりだけ異常にしっかりしたコンテを描いてる人がいまして。


LD_JKT.jpg
LD_CONTE.jpg


「遡玉洩穂……なんて読むんだろう?」と疑問に思ったまま、
しかしその時は正体が分からず。

で、月日は流れ、99年。
これまた当時、東映アニメフェアの劇場パンフレットをつくっていた
あたくしは事前に渡された『デジモン』劇場版の絵コンテを見て、
「アレ? なんかヤバくない?」→試写を見て「ヤベェーー!」
→1年後『ぼくらのウォーゲーム!』のパンフも作る→「ヤベェーー!!」
→集英社に企画書を持ち込む→『ムービーブック』出版へとこぎ着ける
という流れだったんですね。

で、それからしばらく経ってから、
「細田守……ほそだまもる……そだま……ハッ!!」と気づくわけです。


ま、そんな昔から注目してた人が文字通り「巨匠」になって、
さらにもっと前から尊敬してた人のラジオのゲストに来るってんですから、
まぁ縁というのは奇なものですな、
というお話し。


(古川)

続きを読む »

不思議な事ですが

ウチの最寄り駅があって、駅前に銀行があんの。

で、そこに4段ぐらいの階段があって、夜そこ通ると、いつも同じ人が座ってるんだ。ホームレス。たまに昼間っから座ってる。あんな人通りの多いとこに。国道沿いだもん。

年齢は、、60歳ぐらいなのかな。とにかくそので寝起きしてるんだろう、家財道具一式も置いてある。

でも駅前だよ、駅前。なんであのオッサンはあんなに目立つとこに座ってんだろ。ホームレスって目立ちたいのか?自己顕示欲が強いのか?

ホームレスっていつも不思議に思うんだけど、都会にしかいないよね?千葉の山奥とかに行って野山を駆け巡った方が暮らしやすいんじゃないかと思うんだけど、なんで代々木公園とか新宿中央公園とか都会の真ん中にしかいないの?食料事情?オレだったら無人島とはいわないまでも人里離れた場所で自給自足がいいけどね。面白くねぇ。自分で可能性を狭めてる気がするよ。

同じようなパターンとして、スーパーラットっていう新種のネズミは横浜らへんにはいないらしいよ。基本的に都会にしかいないの。気温と食料が理由で。


(ちゃんたけ)

アニメ「時をかける少女」!

宇多丸師匠もBLOGで触れてますが、筒井康隆原作、かつて大林宣彦監督・原田知世主演で映画化された「時をかける少女」がこの7月、アニメーション映画となってリメイクされます。

「時をかける少女」公式サイト
「時をかける少女」ブログ

監督は、かつて宇多さんがBLAST誌上で激賞した「デジモンアドベンチャー/デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!」(大傑作)の細田守氏。
古くからのブラスト公論愛読者という信頼できるボンクラでもあり、無理やり帯にコメントを寄せてもらったのは光栄の極みでございました。

氏の長編としても『ワンピース オマツリ男爵と秘密の島』以来約2年ぶり。
現在公式サイトで予告編が見られますが、かなりの甘酢値を叩き出しているようでその筋の好事家はチェックすべき。

ワーイ!

あと、私事/仕事で恐縮ですが、公開と同時に発売予定のムックも作ってマース。
「デジモンムービーブック」以来のガッツリしたやつ。
大変だけど楽しいです。


(古川)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

公論クルー

Author:公論クルー
宇多丸
「武道館アーティスト」「ギャラクシー賞受賞ラジオパーソナリティ」「早大卒」

前原猛
「フォトグラファー」「表参道のギャラリーディレクター」「名将」

高橋芳朗
「独禁法に引っかかるほどの売れっ子音楽ジャーナリスト」「セレブとの会見多数(フックアップの可能性大)」「高卒」

古川 耕
「放送作家」「小説家」「音楽プロデューサー」

郷原紀幸
「学習塾経営」「元ファッションブランド・ディレクター」「強豪草野球チームの首位打者」

twodawn@wing.ocn.ne.jp

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。